小学校からの英語教育は、そうなるんでしょうか?

2011年から小学高学年から英語の授業が始まりました。しかし、実際にはまだ週1回にとどまり、必修化になるにはまだまだ先になりそうです。しかも自治体によって英語の授業の開始時期が違うこともあります。小学1年生から英語教育を取り入れている学校もあると聞きます。

英語というのが今後の子供達の将来に少なからず必要になると考えられていることと、グローバル化によって国際社会に乗り遅れることがないように将来を見据えて中学校からではなく小学校のうちから英語の授業を始めなくちゃいけなかったんですよね。

だけど、いろんなことの吸収が早い子供であってもいきなり外国語を話されても入ってこないかもしれません。英語の授業があるないにかかわらず、英語に触れておくことで英語の授業が始まっても何の抵抗もなく勉強できるようになって欲しいなぁと思います。

今は、子供の英会話教室は充実しているし、子供対象のオンライン英会話もあるようなのです。最初は遊び感覚で英語は楽しいものと思ってもらえればいいんです。そのうち自分から英語を勉強し始めてくれることを願うばかりです。